気楽に生きたい。

鳥頭のmemo

マシュマロのお返事と、偏りがちな思考。

マシュマロいただいたので、お返事を!

私もまだまだ視野が狭いな~って思いながら、読ませていただきました。
そして、俳優のファン目線からだと、やっぱり偏りがちな文章になってしまうな~と思いました。

 

f:id:kirakuniikitai:20181212145842p:plain



原作のファンからしたら、勿論原作も読んだりとか触れてほしいと思っていると思います。それは当たり前だと思います!
原作が好きな舞台にも行きますし、そういうときはこの原作素敵だから見てくれたらな~と思います。
正直、私だけの話に限れば原作がある舞台に関しては事前に調べたり調べなかったり、まちまちです。チェックの範囲が必ずしも読むとか、そういった類になればしてないですが。

これは、私の舞台の楽しみ方でもあるのですが、初見でどんなことを思うのかというのは大事にしたいです。
限られた時間でどんなことを選んで題材にしているのか、話としてまとまっているのか、面白いのか。なので、調べないことのほうが多いです。題材によって、自分の知識不足などで事前に知っていたほうがいいかな、と思えば調べます。

 

じゃあ、そのあとどうなるのか、という話なんですけど。
私は原作のものを見たりとかは、そのときの余力次第になってしまう、というのが現状です。
新しいものに手を出す頻度といいますか、気軽さがあまりありません。
なので、どうしても見返したりとか新たに手を出すということは少ないです。
私に限った話なので、他の方はわからないですけど。なので、私に関して次の舞台に来て欲しいなんて言う資格がないんじゃないか、と思われればそうだと思います。

 

 

でも、原作のファンが俳優さんを追いかけて下さることもあるように、その逆もきっとあると思います。
ないことも、勿論ありますけど。
私は、結局そこは交わらないと思うんです。根本的に2次元と3次元の話でもあるので、ジャンルが大きく違います。
ジャンルが違うのに触れてくれ、というのは難しいと思ってます。正直。
だからこそ、どちらのファンも釈然としないんだと思います。
俳優ファン寄りで書いたんですけど、結局は両者相容れないってのは書きたかったので。

 

マシュマロもらってどきーってしちゃったのは、最近そもそも新しい小説読んだり漫画読まなくなったので、舞台の原作だとしても見るハードルっていうのがとっても高いんですよね。
これって逆に、普段舞台とか見ない人なら舞台に行くことってハードル高いですもんね。失念しがちですが。
あとは色々思い返してみて、そういえば今まで原作知ってる舞台かオリジナルのような舞台が多かったんですね。なので、実際に原作に触れたことってあんまりないな、と。

 

原作が面白かったりすれば手を出したらいいし、俳優の方も気に入ったのならファンになってくれたらいいし、そんな感じです。割り切るのが大事かな、と。
求めてる答えじゃないかもしれないですけど、こんな感じです。

 

やっぱり、原作のファンは原作を大事にしているし、俳優のファンは俳優を大事にしてしまいます。そりゃあ当たり前ですよね!!!
お互いとやかく言うのではなく、割り切ったうえで自分たちの領域に来てくれたらようこそ!ありがとう!くらいの気持ちでいるのがいいのかな、と思いました。

きっともう、気付いている / 原作ファンと俳優ファン

2.5次元の舞台をやるにあたって、原作ファン*1と俳優ファンはどうしても生まれてしまう。

これだけ2.5次元の舞台が溢れている今だから、そこから俳優のファンになる人は少なくないと思う。というより、結構な人はここから入るんじゃないかなあ、と思っている。

だからこそ、多くの俳優ファンは2.5次元もその他の舞台も好きな俳優が出ていれば見に行く。元々2次元のオタクだったのなら、3次元ジャンルへの移行とも考えることができるかもしれない。

ちなみに私は、2.5次元舞台から今の推しを好きになったし、他の好きだな~と思う俳優さんも2.5次元で知った人ばかりだ。

 

じゃあ何で、同じ舞台を観に行くのに原作ファンがとか俳優ファンがとかいう話になるんだろうってずっと思ってた。

原作のファンは、俳優目当てなら来ないでほしいと思ったり、するんだろうしそういう意見を見かけたこともある。

けれど、俳優ファンは知っているのだ。有名な2.5次元舞台以外では、席が埋まらないことを。どれだけ「人気」だと言われている俳優さんでも、席を埋められないことがある。俳優のファンをして、少なからず舞台に行っているのであれば知っている。

だからこそ、俳優が好きならどんな舞台にでも行く。原作を知っていても、知らなくても。外からこれは有名な作品だ、と聞いていたとしても本当にそうなのかはわからないから。スカスカな座席を見るのは、つらいから。*2

 

 

俳優のファンは、「俳優のこれから」を思っている。原作のファンは、「原作のこと」を思っている。そりゃあ相容れるわけもない。だって原作のファンは、俳優の今後なんて考えないのだから。事あるごとに、その舞台に出て役をやったことは思い出してくれても、「俳優」の今後は考えたりしないだろう。応援のために違う舞台を観に行ったり、してくれるわけではないだろう。きっとその部分において、何だか釈然としない気持ちになるんだと思う。ファンは増えたほうがいいに越したことないのだから。

追っている主軸が2次元なのか3次元なのかで大きく異なるんだから、そりゃあ上手く交わることはないと思う。


同担拒否の人もいると思うけれど、そんな人たちもわかっているんだと思う。
「ファン」が増えないことには、推しは有名にはならないこと。仕事が増えないこと。仕事が増えなければ、今後そのまま活動を続けてくれるかわからないこと。多分、誰よりもわかっているし知っている。

原作ファンに俳優の今後にも責任を持て、と言っている訳ではないけれど、気になったり好きになってくれたのなら、一回でいいから、気になるものだけでもいいから、そのあとの舞台にも来てほしい。

 

私は、推しが好きだしそりゃあ人目につかずひっそり今のままでいてほしいとも思う。

けれど、やっぱり何より舞台に出ている推しが好きだし、舞台に真摯に向き合ってる推しが好きなので、そういう機会が増えるに越したことない。それには、多くのファンが必要だし人気が必須だ。

そう思うからこそ、1回観に来てくれるファンが多くいてほしい。その方がきっと、推しも嬉しいんだろうと思うので。他の俳優もきっとそうだろう、大抵は。

 

私の中でようやくもやもやとしていた気持ちが明確化したから文章にしたけど、やっぱり改めて書くとまとまったのか疑問(笑)*3

何かあればマシュマロください。

 

かなでにマシュマロを投げる | マシュマロ

*1:オタクではなく、広くファンと書いておく

*2:有名な2.5次元舞台に出ていても、他の舞台では満席には程遠い空席を見たときは、悲しくてなんだかやりきれないことがあった。

*3:なんかこれ書きながら、その昔漫画の好きなキャラクターを有名な声優さんが演じることになり、「声優さんが好きだからそのキャラクター好き」と言われたことがあり、なんだかなあと思ったことを思い出した。多分私はキャラクターと中の人は完全分離主義なんだと思う。キャラクターはそこまで有名人気キャラでもなかったので。

下半期の舞台とか。

上半期の振り返りもしたので、下半期の振り返りもしてるけど、どうやっても月日が経つのが早い。おかしい。

1月のことなんて大昔に感じるのに。いや、早いからそうなるのか?

 

とりあえず、全然感想書けてないけど見た舞台。

 

8月

・機械城奇譚

 

11月

魔界転生

 

あとは推しの舞台とか、イベントとか。意外に舞台行けてなかった…。

なんかすごい見た気でいたけど、気のせいだったな~。

来月はトゥーランドット(少年社中さん)とか、キンキ―ブーツは決まってるので、めちゃくちゃ楽しみ!

 

みなさん、舞台の半券はどうしてますか?

私は悩んだ末に推しの半券と、それ以外の半券とでノート作って、そこにチケット貼って感想書き込んでます!

だから、ノートに感想まとめてるとこっちに書かなくなっちゃうんだよね~。

書かなくなるというか、書いた気になっちゃうのが正しい(笑)

 

チケットホルダー好きすぎてたくさんあるんだけど、たくさんありすぎるとまじで使い道なくて困る。いい使い方ないかな?(笑)

推しとメイクと思い出話。

色んな人のはてブ読んでたら、私もメイクのこと書きたくなった。
今の自分があるのは推しのお陰もあるから、思い出話的に。

 

私は今、メイクが大好きだ。
化粧品選ぶのも、デパコス見に行くのも、美容部員さんと話すのもすき。
自分の顔が大して好きじゃなくても、それとこれとは別。

 

私は誰にも化粧という化粧を教えてもらったことがなくて、
ほとんど独学で調べたりして適当に最初はメイクをしてみたことがあった。
今になってその当時の写真とか見ると本当に下手で、笑っちゃう。
だからあんまり見返したくないけど、まあこの当時は当時なりに頑張ってた。
だってどんな風にしたらいいかわかんないし、鏡も嫌いだったし。
顔洗うのも、鏡と向き合うのが嫌で何だか億劫だった。

 

メイクを始めたのは、まあ必要にかられたからだった。
だから、スキンケアとか全くしていなかった。極度のめんどくさがりなので。
にきびとか諸々、嫌なところはあったけどそういうもんなんだと思ってた。

 

でも、推しを好きになってからある日、推しが日焼け止め塗り忘れたから塗らなくちゃって言ってたことがあって。
まあそりゃあ、俳優さんなのでそういうの、気にするのは当たり前なんだろうけど。
そう思ったら、私なんかよりよっぽど色んなこと意識して努力してるんだろうなあって。
当たり前のこと、急激に意識したらすごいことに思えてきた。
なのに私は、日焼け止めひとつ塗ったり塗らなかったりしてるんだな~って。

 

そう思ったら、いてもたってもいられなくてその日に日焼け止め買ってた(笑)
その日からスキンケアもやるようになって、面倒だけど、結果がちゃんと出た。
にきびとか、粉ふいてたとことか、なおってきて。
こんなことで、ちゃんと肌って綺麗になるんだ~って笑っちゃった。
面倒がらなきゃよかった、とも思ったけど、推しに出会わなくちゃ変われなかった。

 

いつも推しに出会ったのは「あの日、あの時」だから、って思ってる。
タイミングっていうのはやっぱり変えられるものじゃない。
だから、今自分がそこそこ自分のこと好きでいられるのも推しのおかげ。
ずーっと自分に自信なくて、今もなくても、それでも頑張れるのは推しがいるから。


とりあえず、新しいコスメほしい~~~!
もっと唇が強くてマメだったらたくさんリップ買ってたかもしれない…(笑)
シャドウも使い切れないのに欲しくなるの勘弁してほしいよね…。

2018年はまだ終わらない

2018年も数えられる日数になってきた。ついこの間夏じゃなかったか。
今年は気温がおかしいのも相まって、余計に1年の感覚が早い気がする。
もう12月だ。今年もゆる~く諸々、駆け抜けてきた。
色んなことがありすぎたり、なさすぎたり、気持ちにムラがありすぎる。
まあ、去年の今頃も気持ちのムラを抱えて怒ったり笑ったり泣いたりしてた。

 

こんななんか今年も締めるぞ~!みたいな出だしだけど、まだまだ現場がある。
秋くらいで今年も終わりか、なんて思いながらやきもきしてたけど。
舞台があるって、予定があるって、幸せだ。
次は確定なんてしない。そんな当たり前のことを、舞台が終わるたびに思う。

 

気持ちの赴くままに書き出したら、大したことではなさすぎて文章が短すぎる。
最早メモ程度(笑)

 

みなさんはまだ2018年、現場はありますか?
悔いのないように最後まで頑張りましょうね~~。
私も気持ちが落ち着きまくってるんですけど、またテンションあげて楽しみたい!

 

原作ファンと俳優ファンについての話、自分なりにまとまったのでまた今度。

原作に触れるべきか

原作などの履修について、いっつも考える。
例えばゲームとか、アニメとか、小説とか、何かしらの原作がある場合どれくらいの人がそれに触れてから観に行くんだろう?

 

触れてから観に行く利点としては、やっぱり舞台ならではの掘り下げ方なんかを楽しめるのかなあ。表現方法とか?
私は、原作を全く見ていかないタイプ。終わったあとに原作見るとかもほとんどない。
日々ぼーっと過ごしてるんだから見直せば時間はあるんだろうけど、新たな娯楽に身を投じるだけの元気はない。
舞台に行く元気はあるのかと思われるけど、それはある。好きだから。
本当は漫画も小説も大好きだったけど、新しいことやものに手を出すだけのきっかけとかがない。腰が重くなった。
ソシャゲならすぐに始めるのに、といつも思っちゃう(ものにもよるけど)

 

原作を知ってるからこそ観に行く作品もあるし、それはそれで面白い。
あのシーンが再現されて嬉しいなあとか、あの台詞はこうなるんだ~とか、こういう演出なのね、とか。
逆に、俳優さん目当てで見て原作気になってくれたらいいな~とか。

 

原作を知ってることにやっぱりメリットデメリットはあるわけで。
あとは、何より好みの問題かな~と思わなくもない。
私は思い込みが激しいタイプというか、頭を空っぽにして楽しみたいから原作は見ていかない。あえてというか、まあ余裕の問題もあるけど。
あとは、必ず原作を知らないといけないと思い込むと、趣味が義務的になってきて重くなる。

 

楽しみは人それぞれ。今年ももう11月終わろうとして、年末を意識している状況に怖くなりながら毎日それとなく過ごしてる(笑)

 

全然関係ないけど、オタク気質な人は、人生においてなんでも推しを作りがちだと思うんだけどどうだろう。私はついにこの人がめっちゃすき!という美容師さんを見つけた後に、この人もめっちゃいい人やん…っていう美容師さんを見つけて、2人推してる状態になった(笑)

【推しに認知されている人へ15の質問】をうけて

冷静に考えて認知されているかわからず悩んだけど、でもなんか認知されてる気がするから、と答えてみた(怪しい)

 

konamon.hatenadiary.com

 

♡認知されている人へ15の質問


・「認知」とはどういう状態を指してると思いますか?
顔と名前が一致する状態かなあ?と。
でも、場合によっては顔と名前が一致してなくても毎回来てくれてる人だ!という顔だけの認識がある場合も含むのかと思います。

 

・認知されたと自己判断するに至った決め手はなんですか?
「いつもありがとうございます」と開口一番に言われたこと。
他の人に言ってるかどうかはわかんないんだけど、開口一番だから認知されてるんだなあ~と思った。

 

・認知は望んでいましたか?
うっすら。でも、推し始めは接触多くないと思ってたし無理だろうなあって。
認知してもらえたら嬉しいなあくらいの気持ち。

 

・認知された理由は自分ではなんだと思いますか?
単純接触回数?一回の回数が多いよりも、どこでも顔を出す。
地方も行く。一回の回数減ったとしても地方に必ず顔を出す。
顔だけ覚えられてるならそれしかない。

 

・顔・名前・HN・ラジオネーム・SNSアカウントなど、どこまでをあなた本人として認知されていますか?
これが全然わからない!
SNSはコメントしてた時期もあるけど今はやめちゃったので、多分こっちは全然知らないと思う。ラジオとかHNとかは特になく。
顔だけな気がする…手紙の名前と一致してるのかな…わからない…。
敢えてなのか定かではないんだけど、名前を呼んでるとかあんまりない。そろそろ名乗ろうか悩んでる。
でも、名前書いてもらう機会があったときに手紙の名前で書いてもらったから…もしかしたら一致してるのかも…?そのときに名乗ったりとか手紙の話とかしなかったから…わかんない…(笑)

 

・認知前と認知後で推しに変化はありますか?
接触のときに身に着けてるものに言及されたりとか。
それくらい…???他にも何かあるのかな?鈍感でごめん…。

 

・認知前と認知後であなたに変化はありますか?
「認知しているからやってくれたであろう行動なのかもしれない」と思うこと。
ネガティブなわけじゃないんだけど、受け取るセンサーが著しく低いから、感度を高めるというか、なるべく思い込むようにしてる。
認知される前も後も、行動は特に変わってない気がする。
身だしなみ気にしたりとか手紙書いたりとかも今まで通り。

 

・認知前と認知後で「認知」についてのイメージは変わりましたか?
名前呼ばれることとか、あからさまに反応してもらえることが認知のイメージではあったかも。
でも、俳優さんによっては対応が千差万別なんだな~~~!!!
わかりやすく名前呼んでくれたりとかって本当にすごいなあって改めて。
推しはあからさまではない。気がする。私のテンションが高くないからか!?

 

・あなたが認知された、されていることについて他者から何か言われたことはありますか?
友人の方が「認知されているよ絶対」と言い切っている。
一回同じ現場に入ってくれた友人が「あれは絶対認知しての行動」みたいなことがあり、そうか~~~ってなったりもしたので。友人の方がすごい(笑)

 

・「認知が切れる」とはどういう状態だと思いますか?
顔見ても特に何も反応がなくなったときかな?

 

・認知が切れたらどうしますか?
今まで通り、それでも同じことをするかなあ。
でも認知が切れるというか、忘れられるってことは私が通ってないってことだから降りてるかも?

 

・認知を望む人にはどのようなアドバイスができますか?
単純接触回数を増やす!
例えば接触とかで一回の回数を増やすことも勿論できればいいんだろうけど、一回の回数を減らしても地方があれば地方に行く。
舞台とかでお見送りがあるならなるべく顔を出すとか、単純に顔を出す。
こればっかりは推しの記憶力がピンキリだから何回目で~とかはないけど、どこにでも行くのは大事な気がする。
恋愛でも単純接触効果みたいなのなかったっけ?それな気がする。

 

・認知の先には何かあると思いますか?
認知がゴールだと何にもない気がする。飽きちゃうし。
でも、認知を通過点として結局好きでいたいなら二人だけの関係性があるんだと思う。まあ特に何かがあるわけではない気がする。

 

・今後推しとの関係に変化は望みますか?
もーっとフランクに話したい!私が!(笑)
たまに他の人と話してるの聴くと盛り上がっててすごいな~って思うもん。
盛り上がりたい訳ではないけど、私が緊張してるからいっつも真剣な顔で話聞いてくれるんだもん。本当はお話したいこといっぱいあるよ。
いつかでいいから、「好きになってから何年かは上手く話せなかったよね」って笑い話にしたい。それくらい長く好きでいたい。

 

・最後に推しへのメッセージをどうぞ。
好きです!!!(笑)
色々好きなところ羅列して、消した。はずかしい。ぜーんぶすき。
ずっと優しい。ファンがいると頑張れるっていうけど、私だって舞台やイベントがあるから頑張れます。
だから、長く舞台に立ってください。どうか、一日でも長く。
好きでいられるのは、舞台に立ちたいとあなたが思ってくれるからです。
次のイベントが発表されるのも、次の舞台があるのも、当たり前ではないと知っています。だから、我儘を言うならすえなが~く好きでいさせてください。

 

ハロウィンなので無駄にハロウィンカラーにしてみた。